雄琴風俗求人を募集するソープの歴史

私は雄琴風俗求人に応募して働くソープという業種について調べて、ここで働くことでどういうことを学ぶのが良いのかについて考えてみたの。そこで考えられたのは今の雄琴で主流となっているマットというサービス。どうやらこれは自分の身体全体にローションを塗って、男性の身体の上を這うというもの。江戸時代の絵を見ていると男女が絡み合っているものも多くある。マットというのは雄琴ソープが「トルコ風呂」と呼ばれていた頃の名残みたいだけど、雄琴風俗の歴史を考えると外せないものかもしれない。ただソープに行くというのはイコール本番をしないといけないこと。セックスの経験が無い訳じゃないけど、やはり見ず知らずの人とするのはちょっと抵抗がある。ただ歌舞伎役者や時代劇に出ている俳優さんみたいな人だったら嬉しいけどね。色々考えた私はある程度歴史がある高級店の中で決めようと思ったの。その理由はスタッフも昔の雄琴や今の雄琴に詳しい人が多いだろうということ、マットサービスをしっかり行っているお店が多そうだということがあった。

かくしてソープ店の面接に臨んだのだけど、思ったよりもすぐに採用が決まったの。そしてそこは雄琴でも屈指の歴史があり、マットサービスに力を入れているところ。だからマット講習員もよく来て教えてくれる。それだけじゃなく先輩のお姉さんたちもマットが上手い人ばかりで、彼女たちもマットを指導してくれるの。彼女たちは私より年上の人がほとんどで、私のこともよく気にかけて優しい人たちばかり。今まで同世代や年下の女の子と仲良くしたことはあったけど、年上のお姉さんにかわいがってもらったことは初めて。だから研究という部分だけでなくそういったところでも、今までとは違って楽しいと思える環境。それに高級店だからお客さんも年配の人も多くて、中には昔の雄琴について知っている人もいた。優しくて穏やかな人ばかりだから私の至らないマットテクニックでも、「良いよ、少しずつ覚えて行けば」と言って怒られることもない。入る前は不安なこともあったけど思い切って飛び込んでみると、今まで見ていた世界と違って思った以上に面白いの。雄琴の歴史についての研究もそんな優しい人たちのおかげで上手く行っているわ。でも居心地が良いから、研究が終わってすぐいなくなるのももったいないかな。