雄琴風俗求人とそこで働いた少女

こうやって風俗を楽しんでいる人と、風俗で働いている人がいることを忘れてはいけない。
それは有名風俗街である雄琴がある滋賀でも変わらない。
風俗で働くには求人に応募しなければならない。
雄琴の風俗などよい風俗店で働くことが成功の第一条件である。
なぜ私が雄琴の風俗で働くことをここまでオススメするのかというと一人の少女を思い出してしまったからです。

その少女もまた母親が雄琴風俗嬢として働いており、女手一つで18歳まで育てられてきました。しかし、少女が18歳の時雄琴に在籍する風俗嬢であった母親は少女の下から旅立ってしまいました。男を作って出ていったのではなく、病気で天国へと。風俗で色んな男と挿入したせいだと少女は誤解したのですが、いくら雄琴風俗の調査を行っても母親のお店では病気の人は立ち入り禁止で健康証明書の提出を求めており、病気の人が来るような非会員の雄琴風俗ランドではありませんでした。さらに言えば母親の店では必ずゴム装着が義務付けられており、風俗店の厳しい審査を通った会員さんが規則を破ってまで生挿入をする理由も見当たりません。
少女は雄琴風俗のせいではなく自然と病気になって無くなってしまったのだと実感することができました。しかし、唯一の肉親であった母親がいなくなってしまうことは少女にとって苦しくてとても耐えることができないものでした。幸いにも母親が溜めてくれていた貯金があったので、少女は母親と過ごした雄琴の街を飛び出し大津へと向かう決意をしました。
少女が大津に向かった理由は単純なもので、雄琴からとにかく離れたかった事、そして無性に餃子が食べたいと衝動的に大津へと足が動いていたのです。少女は電車を利用して大津に着くと真っ先に餃子店へと向かったのです。これが少女の運命を大きく変える出来事になるとは誰もが予想だにできなかったでしょう。
少女はまるで家出少女のような身なりをしていました。スーツケースを持ちまるで何かから逃げてきたような雰囲気は風俗関係者にとって声を掛けやすかったのでしょう。少女は母親への想いが強く、少しでも母親に近づくことができるのなら…とスカウトされた大津のデリヘルで働く決心をしました。